« 〆張鶴VS日高見VS十四代 | トップページ

2017年2月16日 (木)

実は,全部美味しい。

飲み比べを初めてずいぶん経つけど・・・。
どっちが勝ち!っていうことは求めてないわけで,
それぞれの個性やよさを見つけることをねらいとしています。
日本酒の好みは,人によって違いますしね。
好みの参考に,少しでもなればいいかなっていう感じです。
誤解がないように,伝えていきたいものです・・・。

Dsc_7837

楯野川と国権。

楯野川 純米大吟醸 試験醸造 燗酒
山形県酒田市 楯の川醸造 山形県産美山錦100% 3,240円

以下,Webからーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

28BY楯野川の新たな挑戦「試験醸造シリーズ」の第1弾です。日本酒の新たな付加価値を付けるシリーズとして、これまで流通していた「楯野川」とは一味違う日本酒をリリースしていきます。
最近注目を集めている「燗酒」を純米大吟醸で製造しました。純米大吟醸だけを造ってきた楯の川酒造の考える「温めて美味しい純大酒」です。
温度を上げることで、米の芳醇なうまみが開き、キレの良い酸で次の杯へと手が伸びるように、また色々な温度帯で楽しめる美味しい純米大吟醸を目指しました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

旨口のお酒です。
味わいはぶどう系の甘口。
それなのにスッキリしています。
ほんわかくらいのぬる燗がベストの適温でした。

国権 垂れ口 純米生原酒 アルコール度17.8%!!
福島県南会津町 国権酒造株式会社 2,916円

以下Webからーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

本製品は,酒造年度最初のいわゆる初しぼりのお酒です。
新酒のもつ粗々しさと,生原酒の骨太の味わいです。
国権の王道を生原酒でぜひご賞味ください。
垂れ口とは,酒を搾る機械(通称ふね)から垂れてくる酒のことをいいますが,
本製品はそのしぼりたてそのままの風味を生かして瓶詰めいたしました。
いわゆる「ふなくち」と同義のフレッシュな酒です。
生酒のフレッシュ感と甘みと酸のバランスをご堪能ください。
冬季限定商品です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

旨口のしっかりしたお酒です。
ふくよかで,香りは控えめ。
重厚さを感じる,ボディーのしっかりしたお酒。
新酒のくせに,アルコール度,高すぎです(笑)。

どちらも燗酒がキーワードですが,
味わいにははっきりとした主張がみえるお酒でした。
どちらmのうまし!!

« 〆張鶴VS日高見VS十四代 | トップページ

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

なるほど~
色々な温度帯で楽しめる純米大吟醸
楯の川さんもやってくれますなぁ~
はっきりした主張も飲み手の心を掴む手段ですものね^^

keiさん,
実はこの二本は,
味の両極を行くお酒でした。
どちらもうまいんですが,
それは雑食JOYだからこそ。
好みの分かれるところでしょう。

楽しいです,飲み比べ!。

私はただ今お野菜の勉強中
お料理レシピを作っているのですが
ついついお酒のつまみのようなものになっちゃってますwink
大根の煮物を作ってますがどちらのお酒が合うかしらsign02

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/585063/64898704

この記事へのトラックバック一覧です: 実は,全部美味しい。:

« 〆張鶴VS日高見VS十四代 | トップページ

フォト
無料ブログはココログ